整体の知識

椎間板ヘルニア 手術が必要なのは5%

更新日:

こんにちは

小岩で慢性腰痛専門整体院をしている

小川です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

さて、今回は『椎間板ヘルニア』です。

関連画像

実は、椎間板ヘルニアで手術が必要なのは5%なのです。

腰痛の原因

椎間板ヘルニアは腰骨の間のクッション材である「椎間板」が変形して飛び出し、神経を圧迫する病態をさします。

ただし、画像診断でヘルニアが確認されたとしても、それが即、症状に結びつくとは限らないのです。

長い間、症状が無いままヘルニア塊が自然消滅したり、あるいは縮小するケースも少なくありません。

腰痛の実に85%は原因不明だといわれており、残り15%のうち、椎間板ヘルニアが原因であると特定できるのはわずか5%程度に過ぎないといわれています。

椎間板ヘルニアと言うと、すぐ手術と思いがちですが、実際は手術が必要な「病的なヘルニア」はごく少数なのです。

神経学的検査の結果とも照らし合わせて、本当にそれが腰痛の原因なのかどうか、医師とよく話をすることが必要です。

画像検査の結果頼みで、きちんと神経学的検査をしないような医師や病院は信頼性が低いということにもなります。

画像上大きなヘルニアほど自然消滅しやすいというデータもありますので、ムダな手術を避けるには、あわてず「賢い腰椎患者」になる必要があります。

手術をしたくなく、椎間板ヘルニアでお悩みの方は、ご相談下さい。

 

慢性腰痛にお困りの方は、お越しください。

整体院 Hiko
t e l    0 3 - 3 6 5 7 - 3 0 3 0 
ホームページはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/hiko
本日も、最後までブログをご覧いただき

ありがとうございました。

整体院 Hiko

t e l    0 3 - 3 6 5 7 - 3 0 3 0 

ホームページはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/hiko

-整体の知識

Copyright© 整体院Hiko , 2020 All Rights Reserved.